もっと楽しく 仙台発・大人の情報誌 りらく

りらく最新号 2016年6月号

特集1

ゆっくりと愉しむ
休暇村の旅物語

特集2

わざわざでも行きたい
大人ごころをくすぐるカフェ

ゆっくりと愉しむ 休暇村の旅物語 わざわざでも行きたい 大人ごころをくすぐるカフェ
もっと楽しく 仙台発・大人の情報誌 りらく

「りらく」は地域に密着した大人の生活情報誌です。宮城県を中心とした地域の「食」や「旅」を切り口に、「人」にスポットをあてた編集誌面でアクションのきっかけ、生き方のお手本となるような大人のための情報を提供しています。

2016年6月号 vol.214 特集
ゆっくりと愉しむ
休暇村の旅物語
  • 第一章 島旅
    気仙沼大島 休暇村 気仙沼大島から
  • 第二章 信仰の地へ
    出羽三山 休暇村 羽黒から
  • 第三章 高原と湖の国
    裏磐梯 休暇村 裏磐梯から
わざわざでも行きたい
大人ごころをくすぐるカフェ
  • Bal Musette - バル ミュゼット
  • 北四カフェギャラリー Granny’s - グラニーズ
  • FLAT WHITE COFFEE FACTORY - フラットホワイトコーヒーファクトリー
  • BLUE COFFEE - ブルーコーヒー
  • Cochon d’ Inde - コション・ダンド
  • cafe mozart klees coffee - カフェモーツァルト クレーズコーヒー
  • Hanamizuki Cafe - ハナミズキカフェ
閉じる
りらくインタビュー
一條 一平(いちじょう いっぺい)

一條 一平(いちじょう いっぺい)

湯主一條 20代目当主

東北自動車道・白石インターから約10キロ。山間の道を進むと、約600年の歴史を誇る鎌先温泉がある。五つの旅館からなる温泉街の奥に位置し、鎌先温泉で最も古くから続いているのが「時音の宿 湯主一條」だ。ことし3月、昭和初期に建てられた木造本館と湯向棟、明治期から使われている土蔵が国の登録有形文化財になった。

閉じる
顔語り
後藤 幸法(ごとう ゆきのり)

後藤 幸法(ごとう ゆきのり)

株式会社ゴトウ建設工業 代表取締役

「5年前の震災では、この辺一帯も津波によって2メートル近くまで浸水しました。その後2年間はこの集落の皆様方からの修繕依頼の仕事を受けさせて頂き、こんな時こそ被災された皆様方のお手伝いをしなければとの想いで工事を致しましたね。

閉じる
思い出写真館
山田 政博(やまだ まさひろ)

山田 政博(やまだ まさひろ)

大蔵山スタジオ株式会社 代表取締役

昭和28年1月1日、角田に生まれました。家は明治から続く石屋であり、採石場・大蔵山のある丸森で小学生時代を過ごし、丸森駅が開通したことで角田に戻りました。 大学は明治大学に進みます。少し前の世代は学生運動が盛んでしたが、私たちの世代にはほぼ終焉し、ごくごく普通の学生時代を送りました。

閉じる
MONO創り人
高橋 栞(たかはし しおり)

高橋 栞(たかはし しおり)

切り絵作家

絵が好き。なんだけど。幼稚園では足し算とか引き算、漢字を書いたりが多いし、お絵かきの時は、これを描きなさいって言われて好きに描けないから、つまんない。一番嫌なのは歌。毎朝、その日の当番が皆の前で歌う決まりになっていて、今日は自分の番、という日は幼稚園を休んじゃう。

閉じる